<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 『我々の知らないところで、運命は決まっている』 | main | 貯金大作戦〜まずは10万円から〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * -
みなさんは言えますか?
またしても来てしまいました。恐怖の外国人客です。本日のお客様はトニー(またまた命名)、推定アメリカ人でございました。お一人様でのご来店でございます。

うちの店は、まずドリンクを選んでいただきます。まぁ、だいたいそうでしょう。ドリンクチョイスはすんなりいきました。「ハウスワインはあるかい?」と聞かれたので、迷わずハウスワインをお出ししました。ちなみに赤です。それから、お料理の注文です。またまたやっかいですねぇ。パスタを伺ったまではよいのですが、トニーは「スモールサラダはあるかい?」と尋ねてきました。スモールサラダ?一体彼にとってどれぐらいのサイズがスモールなのか…。一応、うちにはサラダが2種類あって、だいたい2〜3人ぐらいで分けていただくぐらいのサイズなのです。はい、英語で説明できませんでした。とにかく"They are not so small."とだけ伝えてみました。めちゃくちゃ主観的判断ですが…。まぁ、そいで案の定トニーは「小さいのでできるかな?」と言いました。そんなわけで、厨房まで聞きに行きます。はい、「確認してまいりますので、少々お待ちください」を英語にしてください。とっさにでないですよ。マジで。とにかく"I will ask."なんて言い残して厨房へ。あぁ、なんてお粗末な接客でしょう。ま、そんで、できるみたいだったんで、できるってことを伝えにいきました。「できます」って?"It's possible."ですか?まぁ、とにかく伝わったからいいです。うんうん。

そして、最後の仕事。実はトニーは喫煙席希望だったんですが、満席だったため、とりあえず禁煙席に入っていただいてたんですよ。はい、喫煙席の用意ができました。「喫煙席の用意ができましたので、よろしければお席を移動なさいますか」言えません!もう自分が何て言って移っていただいたか覚えてないですよ〜。あぁ、不甲斐ない。トニー、なかなか理解力のある人でした。トニーに感謝です。

ほんま自分の英語力のなさには毎度ながら凹みます。ペーパーではまぁできるんですが(困らない程度にね)、実践では無理なんですよね。口下手やからってのもあると思いますが。はぁ、瞬発力がほしい。ってかいっそ高飛びしたいです。就職せんと留学したいなぁ。まぁ、お金がなさすぎて無理ですが。金持ちになりたい…。
* comments(2) * trackbacks(0) * パパミラノ(バイト)
スポンサーサイト
* - * - * -
コメント
また含み笑いしながら読んでしまった☆だってつるちゃんの日記おもろいんだもーん(^◇^)
外国人客来ると絶対大変だよねぇ。予測できないこと言ってくるし(笑)あたしも瞬発力なくて、ボリリンのSpeaking程度でタジタジしてるへタレです。。
* mapo * 2005/10/30 6:58 PM *
え〜、おもしろい?それはうれしいコメントですな。
外国人、手ごわいよなぁ。予測不可能やわ。
ボリリンもなかなか予測できないよね。
ボリリン、懐かしいわ。
* つる * 2005/10/30 11:43 PM *
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://kranich1025.jugem.jp/trackback/81
トラックバック